当院の鍼治療を受ける前に

日本の一般的な鍼治療方法

日本では、「痛くない鍼」「優しい鍼」「浅い鍼」を謳う鍼灸院が一般的です。鍼を受けたことが無い方に、鍼灸師自ら鍼が痛いなんて言うと患者さんは誰も来なくなってしまいますから。  
そのため多くの鍼灸院では、「鍼は髪の毛くらいの太さです」「浅く刺すので痛くありません」と言った文言で鍼は痛くないことをアピールしています。実際、細めの鍼を使用し、深い部分に原因があっても浅刺し、なるべく痛みを与えないことに力を注いでいます。
 
しかし、これで本当に効果があるのでしょうか?

浅い鍼、細い鍼、痛くない鍼ではダメなのですか?

悪くなっている筋肉が浅い部分にあれば「浅い鍼」をします。しかし、体の深い部分に原因がある場合、深い鍼をしなければなりません。ところが日本の鍼灸学校では体の深い部分に刺す方法は教えてくれず、太く長い鍼を使用した実習もほとんどありません。ですから多くの鍼灸師は深く刺さないのではなく深く刺すことができません。それでは鍼治療でニーズの多い腰痛さえも治すことができないでしょう。  
細い鍼は頑固なコリや痛みにはなかなか効果が出なかったり、治療回数が多くなってしまう傾向があります。太めの鍼のほうが即効性があります。ちなみに、鍼の太さくらいであれば、チクッとした痛みとはあまり関係ありません。むしろ太めの鍼のほうが不快な痛みが出難い傾向があります。
 
「痛み」については、注射針のような「チクッ」とした痛みを与えないということであればそれはそうあるべきです。しかし、筋肉の硬い部分に鍼が入ったときの「ズーン」という感覚を「痛み」と言うのであれば、この感覚を与えなければ治療効果はありません。症状の重い方は、鍼をすることで普段の辛い症状が一時的に再現されることがあります。鍼治療で良くなるためには避けられない感覚です。そういう意味では「痛くない鍼」ではダメなのです。
 
西洋医学でも手術をすれば痛みます。麻酔や痛み止めで痛みを感じにくくしているだけです。鍼治療も痛みなくして身体の改善はできないのです。

本当に治したい人の治療院として

もうお分かりだと思いますが、当院の鍼は「痛くない鍼」「優しい鍼」「浅い鍼」ではありません。「ズーン」とした感覚のある刺激の強い鍼になります。   
ぎっくり腰であれば一刻も早く治したいという気持ちが強いため治療に耐えられます。しかし、長い月日をかけてジワジワ患った慢性腰痛や首肩コリなどの場合、当院の鍼を受けるかどうかもう一度よく考えてみてください。
 
慢性疾患の場合は、ある程度治療回数が必要になります。1回では終わりません。「現在の辛い症状」と「鍼治療の辛さ」を比べたとき、鍼治療を選べるでしょうか?当院の鍼はそれでも治したいという強い気持ちを持ったかたでないと続けられない治療法だと思います。
 
実際「他院とは違う感じがする」「他院では治らなかったので」という理由で来院されるものの、いざ治療を開始すると「ズーン」とした感覚に耐えられず、最初の数本でギブアップされるかたもいらっしゃいます。そうすると1回分の時間とお金を無駄にするだけで、治らずに終わってしまいます。
 
私もできることなら痛みを与えずに治療したいです。
痛みを与えるために治療しているのではありません。
 
しかし、自分自身様々な鍼治療を受けてみて「確実に鍼で良くなった」と実感できたのは今の治療法以外ありませんでした。万人受けする治療法では無いかもしれませんが、本当に治したい人のための治療院としてこの治療法を採用しています。
 
※鍼治療に不安な方は、お試しで何本か体験することができますのでお問い合わせください。