治療方針

マッサージ

 
 
当院のマッサージは主に揉捏(じゅうねつ)と言う手技を使用します。
「揉」という字が入っている通り、簡単に言うと揉む(もむ)方法になります。
指圧は部分的に取り入れていますが、限度を超えた強揉み・強押しは行っておりません。

極度の強揉み・強押しは筋肉を損傷させ、打撲と同じような状態にしてしまうと考えられます。また、強い刺激を受け続けると筋肉が硬くなり、更に強い刺激でなければ感じなくなってしまいます。そのため極度の強揉み・強押しを希望されるかた、指圧メインでの施術を希望される方はご希望に添うことができませんので予めご了承ください。また、そのような手技をご要望の方は既に筋肉が硬くなってしまっていると考えられますので、マッサージよりも鍼が効果的です。当院でしたら鍼をおすすめ致します。

では当院のマッサージが弱いマッサージかと言うとそういう訳ではありません。

適切なポイントを刺激すれば、強く押さなくても痛気持ち良さ(少し痛いけど気持ち良い)を感じます。凝りや張りの強い方は軽い指圧やマッサージでも痛みを感じるかもしれません。当院では、強すぎず弱すぎず、一人一人の患者様にとって適切と思われる強さを考えて施術いたします。

お体に支障がない範囲での強さのご要望にはお応え致します

鍼(はり)

 
 
当院の鍼治療は、筋肉による神経圧迫から生じる痛みに絞って行っています。
痛みの治療を主とし、痛みに即効性のある治療法で現代医学に基づいた鍼の打ち方を行っています。具体的には、痛みの原因となる筋肉に鍼を刺入し、硬くなったり痙攣している筋肉を緩めます。目的の筋肉が体の深いところにある場合は、鍼の長さも長くなります。


筋肉の悪い部分に鍼が刺さると「ズーン」とした感触がありますが、この感触を日本では「鍼の響き」、中国では「得気(とっき)」と呼びます。鍼に慣れていない方は、これを「痛み」と訴えることがありますが、慣れてくるとこの感覚を感じたほうが効果があるというのがわかってきます。症状が重い方ほど「ズーン」とした感覚が強く、腰痛の場合は腰痛が再現される場合もあります。しかし、筋肉が緩んでくるとこの感覚が弱くなってきますので、鍼治療が苦痛でなくなります。どうしてもこの感覚が苦手という方がいらっしゃいますが、それでも治したいという方は治療効果は弱まりますが、鍼の本数を減らしたり刺激量を調整しながら鍼を行いますのでご相談ください。

当院で対応可能な主な疾患は次のとおりです。
下記以外の疾患で鍼をご希望の方はご相談ください。
 
・急性腰痛(ぎっくり腰)
・慢性腰痛
・股関節痛
・肩背痛

次の方は治療をお断りしております。
・鍼治療適応外の疾患の場合
・妊娠中または妊娠している可能性があるかた
・飲酒されてきたかた
・施術部位にタトゥーの入っているかた

・特殊鍼をご希望のかた(日本国内で入手可能な鍼のみ使用しています)